博報堂パコ・アンダーヒル研究会(はくほうどうぱこ・あんだーひるけんきゅうかい)

パコ・アンダーヒル氏と共同での顧客行動分析や店頭マーケティングの研究・実践のために、研究開発局と博報堂買物研究所のメンバーで2001年にスタートした社内プロジェクト。パコ氏の科学的な顧客行動分析と、売れる店づくりへの明快な示唆に共鳴するとともに、これまで博報堂が行ってきた生活者発想との共通性を強く感じ、パコ氏にアプローチしたのがこのプロジェクトの始まりである。博報堂はパコ氏とのアドバイザー契約を現在まで継続しており、2008年からは外国人では初の博報堂フェローとして、毎年の来日時には、パコ氏と博報堂による講演会や店舗・モール・デパートなどでのコンサルティング・セッションの企画・実施を行なっている。エンバイロセルジャパンと博報堂による顧客行動調査の企画等も、この研究会がサポートを行なっている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。