小笠原 泰(おがさわら やすし)

1957年鎌倉生まれ。東京大学文学部卒、米国シカゴ大学社会科学大学院国際政治経済学修士・同大学経営大学院経営学修士。マッキンゼー&カンパニーを経て、米国カーギル社ミネアポリス本社入社。米国および同社オランダ、イギリス法人勤務を経て、(株)NTTデータ研究所に入社。同社パートナーを経て、2009年4月より、現職(明治大学教授)。静岡大学大学院工学研究科客員教授、京都工芸繊維大学特任教授、(株)NTTデータ経営研究所顧問。 <主な著書>『日本的改革の探求』(日本経済新聞社、2003年)、『なんとなく、日本人』(PHP新書、2006年)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。