小川 英治(おがわ えいじ)

1957年北海道生まれ。81年一橋大学商学部卒業、86年同大大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。ハーバード大学、カリフォルニア大学バークレイ校、国際通貨基金各客員研究員、一橋大学大学院商学研究科長・商学部長、一橋大学副学長などを経て現在、一橋大学大学院商学研究科教授、日本金融学会会長、財務省財務総合研究所特別研究官、経済産業研究所ファカルティ・フェロー。日本銀行金融研究所顧問、放送大学客員教授なども歴任。
主著
『国際通貨システムの安定性』東洋経済新報社、1998年
『国際金融入門』日経文庫、2002年
『グローバル・インバランスと国際通貨体制』編著、
東洋経済新報社、2013年ほか多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。