植松 亮(うえまつ りょう)

1990年、早稲田大学商学部卒業。(株)ブリヂストン、センチュリー監査法人(現・新日本監査法人)を経て、1998年に植松公認会計士事務所を開設。専門知識を活かし財務分析に基づく株式投資を実践しており、最近では投資雑誌などで投資に役立つ決算書の分析方法をやさしく解説している。 <主な著書>『個人投資家のための銘柄選びに差がつく!決算書の読み方』(アルケミックス)、『図解 決算書のしくみ』、『よくわかる退職給付会計』(以上、東洋経済新報社)、『図解 ひとめでわかる経営分析』(共著、東洋経済新報社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。