おひとりさま向上委員会(おひとりさまこうじょういいんかい)

フードジャーナリストで日本のストーカー研究の第一人者であった故・岩下久美子さんが1999年に設立。「個」として自立し自分ひとりの時間を楽しめる女性を「おひとりさま」と位置づけ、著書『おひとりさま』(中央公論新社)で、その生き方を説いた。現在、約250人の女性がこの考えに賛同し、同委員会を構成。女性が自立して個性豊かな生活をおくれる社会の実現を目指し、マスコミ媒体やそれぞれの専門分野で活動している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。