太田 清(おおた きよし)

1952年生まれ。京都大学経済学部卒業。経済企画庁、内閣府を経て、現在、政策研究大学院大学教授。 <主な著書>『景気予測の考え方と実際』(有斐閣、1993年)、『データで読む生活のゆたかさ』(編著、東洋経済新報社、1999年)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。