バージニア・R・パーカー(ばーじにあ・あーる・ぱーかー)

デユーク大学卒。レイノルズ・ファミリーの投資顧問を長年務めた後、1995年、ファンド・オブ・ファンズの運用会社Parker Global Strategies社を設立。情報開示の高いヘッジファンドに投資する方が投資家の利益にかなうとの考えから、安定的リターンを目標に運用することに加えて、投資家への情報開示システムを社内に構築。ヘッジファンド投資にかかわるリスク管理、運用内容の積極的なディスクロージャーでは定評がある。数々のコンファランス、セミナーで講師を務めるなど業界での知名度は極めて高い。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。