ウィリアム・C・テイラー(うぃりあむ・しー・ていらー)

プリンストン大学卒業後、MITスローン・スクール・オブ・マネジメントに進み、「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌の編集者となる。1995年、同誌編集長だったアラン・ウェーバーとともに起業し、新機軸のビジネス雑誌「ファストカンパニー」を立ち上げて大きな話題を集める。ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト等に寄稿多数。またボブソン大学で教壇に立つ。マサチューセッツ州在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。