アルバート・ウェント(あるばーと・うぇんと)

南太平洋文学で最も重要とされるサモア人の作家、詩人。1939年、西サモア(現サモア独立国)の首都アピアに生まれる。ニュージーランドに留学し英語を習得、のちに大学院に進み歴史学を修了した。故郷に戻り教師として働きながら本格的な執筆活動をはじめ、異人種間結婚を描いた自伝的小説『Sons for the Return Home』(1973)で作家としてデビューした。その後も、西洋の植民地主義によって生じた社会的矛盾や、伝統と新たな価値観のあいだに揺れ動く南太平洋の人々の姿をユーモアと詩情あふれる文章で描きつづけ、数々の文学賞を受賞した。これまでに長篇6作、短篇集3作、詩集4作を発表している。1974年からフィジーのサウスパシフィック大学で太平洋文学を教えていたが、1987年にクーデターが起きると、ニュージーランドに拠点を移し、オークランド大学で教鞭をとった。オセアニア芸術協会、マオリ作家芸術家協会のメンバーとして太平洋に広がる口承文学の伝統護持のために尽力し、2004年にはその長年の功績に対し、第9回日経アジア賞が授与された。現在はハワイ大学の客員教授を務めている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。