椿 弘次(つばき こうじ)

1943年生まれ。1966年早稲田大学第一商学部卒業。1971年同大学院博士課程満期退学。ハワイ大学東西文化センター研修員、スタンフォード大学訪問研究員などを経て、1982年早稲田大学商学部教授。 <主な著書>『貿易実務辞典』(共編著)、『実用海上運送契約』(共訳)、「国際商務論から見たインコタームズ再考」(『国際商務論の諸問題』所収)、「国際取引契約の調整とコミュニケーション」(『国際商取引学会年報 第1・2号』所収)、『国際商務論の新展開』(共編著)、『国際商取引とリスクマネジメント』(共編著)、『傭船契約の法理』(共訳)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。