翁 邦雄(おきな くにお)

1951年生まれ。74年東京大学経済学部卒業、同年日本銀行入行。83年シカゴ大学Ph.D取得。筑波大学助教授、日本銀行調査統計局企画調査課長、企画参事、金融研究所長等を経て、現在、京都大学公共政策大学院教授。 <主な著書>『期待と投機の経済分析』(東洋経済新報社、1985年、日経・経済図書文化賞)、『金利の知識』(日経文庫、1988年)、『金融政策』(東洋経済新報社、1993年)、『バブルと金融政策』(共編、日本経済新聞出版社、2001年)、『金融業と人口オーナス経済』(共編、日本評論社、2011年)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。