星野 匡(ほしの ただし)

1939年東京生まれ。1963年に東京大学法学部を卒業し、同年株式会社電通に入社。1987年に電通を退社し、フリーランス・プランナーとして独立。1989年企画事務所株式会社プラン・ネットを設立。現在同社会長。日本創造学会会員。 <主な著書>『企画の立て方』(日本経済新聞社・日経文庫)、『コンセプトワード200』(日本経済新聞社)、『企画立案50の鉄則』(日本能率協会)、『ビジネスエキスパート・プレゼンテーション術』(日本経済新聞社)など多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。