原 正紀(はら まさのり)

早稲田大学法学部卒業。リクルートで人財採用・教育、キャリア開発に関する事業を16年間行う。2004年7月に独立し、国の事業であるジョブカフェにおいて年間のベ150万人に上る若者の就職支援に携わる。これまで企業における採用活動・人財育成・人事制度構築などに関する提案を行い、1,000人を超える経営者と面談をして、実践的な“人財経営”を追求し続けている。2006年新たな人財課題の解決、新時代における人と組織のベストマッチングに取り組むべく、株式会社クオリティ・オブ・ライフを設立し、代表取締役に就任。事業内容は企業の採用支援、人財育成・キャリア開発の支援、コンサルティング、プロジェクトサポートなど。現職 株式会社クオリティ・オブ・ライフ代表取締役、ジョブカフェ・サポートセンター代表、高知大学客員教授(キャリア論)、中小企業診断士、ITコーディネーター、GCDFキャリアカウンセラー、市場化テスト専門委員(内閣府)、若者と中小企業とのネットワーク構築委員(中小企業庁)など。 <主な著書>『5×2の法則』(同友館、2005年)、『会社復活』(共著、経林書房、2003年)、『「オンリーワン企業」はここが違う』(共著、経林書房、2004年)、『ジョブカフェスタイル』(監修、経済産業省、2006年)、『若者たちの就職物語』(監修、経済産業省、2007年)、『企業診断』(同友館)にて“挑戦する経営者”を連載

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。