辻村 明(つじむら あきら)

東京大学名誉教授。社会学博士。1926年浜松市生まれ。48年第一高等学校卒。51年東京大学文学部社会学科卒業。ハーヴァード大学ロシア研究所留学、東京大学新聞研究所教授を経て、72年東京大学文学部教授。その後、静岡県立大学副学長、年東北女子大学学長、流通経済大学教授などを歴任。83年総理大臣賞銀杯(コミュニケーション研究)、91年紫綬褒章(社会心理学)、98年勲三等旭日中綬章受章。 <主な著書>『地方都市の風格 歴史社会学の試み』(2001、東京創元社)、『私の人生を救った森田療法』(2008、ごま書房)、『戦後日本の大衆心理 新聞・世論・ベストセラー』(1981、東京大学出版)ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。