塚本 青史(つかもと せいし)

1949年、倉敷生まれ。大阪で育つ。同志社大学文学部卒後、印刷会社に勤務しながらイラストレーターとして活躍。96年、『霍去病』で文壇デビュー。以後『呂后』『項羽』『光武帝』や『仲達』『李世民』など古代中国を舞台にした意欲作を次次には発表している。本作『煬帝』で、第一回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。父塚本邦雄が主宰していた短歌結社『玲瓏』の発行人も務める。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。