尾崎 護(おざき まもる)

昭和10年生まれ。 昭和33年東京大学卒業。大蔵省主税局長、国税庁長官を経て、平成4年大蔵事務次官。 現在、国民生活金融公庫総裁。 <主な著書>『G7の税制』(ダイヤモンド社)、 『経綸のとき』(東洋経済新報社)、『低き声にて語れ』(新潮社)、 『上書保存』(徳間文庫)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。