梅原 猛(うめはら たけし)

哲学者。1925年生まれ。1948年京大文学部卒。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長などを経て、国際日本文化研究センター所長(現顧問)。研究活動のほか、スーパー歌舞伎・スーパー狂言の脚本を手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。