上山 信一(うえやま しんいち)

大阪市立大学教授(大学院創造都市研究科)、慶応義塾大学教授(大学院政策・メディア研究科)を兼務。1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒、米プリンストン大学修士(公共経営)。運輸省、マッキンゼー、米ジョージタウン大学研究教授を経て現職。専門は企業・政府の経営改革。 <主な著書>『「政策連携」の時代』(日本評論社、第1回NPO学会賞、及び第5回フジタ未来経営賞受賞)、『パブリック・セクターの経済・経営学』(共編著、NTT出版)、『入門ミュージアムの評価と改善』(アム・プロモーション)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。