岡本 隆司(おかもと たかし)

京都府立大学文学部教授。1965年生まれ。
『近代中国と海関』『属国と自主のあいだ』『世界のなかの日清韓関係史』
『中国「反日」の源流』『李鴻章』『ラザフォード・オルコック』『近代中国史』
『袁世凱』『日中関係史』『中国の誕生』『清朝の興亡と中華のゆくえ』
『世界史序説』『近代日本の中国観』など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。