三菱UFJトラスト投資工学研究所(みつびしUFJとらすととうしこうがくけんきゅうじょ)

日本初の金融工学に特化したシンクタンクとして1988年設立。三菱UFJ信託銀行が永年培ってきた資産運用業務での経験を活かし、株式・債券等の資産運用モデルを開発。運用パフォーマンスの向上や、新商品開発に実績を上げている。また、市場リスクや信用リスク管理モデルの開発にも取り組み、MUFGグループのリスク管理高度化にも貢献している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。