青木 康晴(あおき やすはる)

成城大学経済学部准教授
2004年一橋大学商学部卒業、09年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。
名古屋商科大学専任講師を経て、12年より現職。主な論文に、“How Does theLargest Shareholder Affect Dividends?" International Review of Finance、「配当の情報効果と利益持続性、利益調整行動に関する実証分析」『経営財務研究』、「所有権理論から見た連結会計の検討」『日本企業研究のフロンティア』などがある。


※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。