茂木 友三郎(もぎ ゆうざぶろう)

1935年千葉県出身。1958年慶應義塾大学法学部卒業。1961年米国コロンビア大学経営大学院(経営学修士課程)を修了。1995年キッコーマン株式会社代表取締役社長CEO、2004年代表取締役会長CEOを歴任し、2011年より取締役名誉会長、取締役会議長。著書に『海外現地生産のすすめ方』(東洋経済新報社、1975年)、『キッコーマンのグローバル経営』(生産性出版、2007年)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。