町田 徹(まちだ てつ)

1960年大阪府生まれ。1984年神戸商科大学(現兵庫県立大学)卒業、同年日本経済新聞社入社。証券スキャンダル、金融制度改革、NTT分割論議などを取材。この間、米ペンシルバニア大学ウォートンスクール留学。2002年同社退社後、雑誌「選択」を経て、2004年よりフリージャーナリストとして活動を展開。甲南大学非常勤講師。 <主な著書>『巨大独占 NTTの宿罪』(新潮社) <主な共著書>、『90年代のマネージャイアンツ』(日本経済新聞社)、『官僚――軋む巨大権力』(日本経済新聞社)、『移動体通信ビジネス』(日本経済新聞社)など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。