浅野 史郎(あさの しろう)

1948年宮城県生まれ。東京大学卒業後、1970年、厚生省に入省。北海道庁福祉課長、児童家庭局生涯福祉課長、社会局生活課長、厚生年金基金連合会年金運用部長、生活衛生局企画課長を歴任。1993年11月、前知事のゼネコン汚職による辞職を受けた選挙で宮城県知事に当選。1997年11月に再選を果たした。宮城県知事。 <主な著書>『豊かな福祉社会への助走 1』(ぶどう社、1989年)、『豊かな福祉社会への助走 2』(ぶどう社、1991年)、『誰のための福祉か』(岩波書店、1996年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。