浅丘 ルリ子(あさおか るりこ)

旧満州・新京(現・長春)生まれ。1955年、14歳の時に日活「緑はるかに」で映画デビュー。以後、石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎らを擁した黄金期の日活映画の美しきヒロインとして活躍。73年、松竹「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」で寅さんのマドンナ役“リリー”を演じ、マドンナ役では最多のシリーズ4作品に出演。映画のほかテレビドラマでも人気を集め、79年の蜷川幸雄演出「ノートルダム・ド・パリ」以降、舞台女優としても確固とした地歩を築く。出演映画本数は通算158本。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。