松永 勝也(まつなが かつや)

九州大学名誉教授 文学博士
事故なき社会株式会社 取締役
主幹総合交通心理士
自動車事故対策機構適正診断専門委員
福岡県交通安全協会理事

30年以上にわたり交通事故防止の研究を行ってきた日本の第一人者。交通事故は突発的な停止距離の延長か進行方向空間距離(車間距離)の縮小によって発生するという『KM理論』を展開。その効果が注目を集めている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。