望月 実(もちづき みのる)

公認会計士。1972年愛知県名古屋市生まれ。立教大学卒業後、大手監査法人に入社。監査、株式公開業務、会計コンサルティング等を担当。2002年に独立し、望月公認会計士事務所を設立。ドラッカー学会会員。「日本人を数字に強くする」をミッションとして執筆活動、セミナー、人気メルマガ「経済丸わかり~公認会計士が教える使える知識」の発行など、精力的な活動を展開中。 <主な著書>『会計のトリセツ』『課長の会計力』(日本実業出版社)、『最小限の数字でビジネスを見抜く決算書分析術』(阪急コミュニケーションズ)ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。