服部 克久(はっとり かつひさ)

作曲・編曲家
1936年東京生まれ。パリ国立高等音楽院修了。 帰国後、日本のテレビ草創期から音楽家として深く関わり、フジテレビ『ミュージックフェア』などを皮切りに、テレビ・ラジオ番組の音楽、ドラマ、アニメ、映画の音楽などを多数手がける。さだまさし、山下達郎、谷村新司などの楽曲には欠かせない日本を代表する編曲家でもあり、作・編曲数は6万曲を超える。日本作編曲家協会会長、日本作曲家協会会長を歴任。父は「東京ブギウギ」「青い山脈」などで知られる作曲家の服部良一、長男はNHK大河ドラマの音楽などで活躍する服部隆之。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。