有馬 頼底(ありま らいてい)

1933年東京に生まれる。1941年大分県日田市臨済宗岳林寺で得度。1955年京都臨済宗相国寺僧堂に入門。大津櫪堂老師に師事。1968年相国寺塔頭大光明寺住職。1971年相国寺派教学部長。1984年相国寺承天閣美術館設立により事務局長。1995年同館長。1988年京都仏教会理事長に就任。1995年臨済宗相国寺派七代管長(相国寺一三二世)に就任、同時に鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)住職を兼ねる。 <主な著書>『古寺巡礼京都・相国寺』、『古寺巡礼京都・金閣寺・銀閣寺』、『茶席の禅語大辞典』(監修、淡交社)、『禅と茶』(学習研究社)、『茶人よ自由になれ』(主婦の友社)、『決定版 よくわかる茶席の禅語』(主婦の友社)、『禅僧の生涯』(春秋社)、『禅茶巡礼』(春秋社)、『禅と茶の湯』(春秋社)など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。