有馬 稲子(ありま いねこ)

大阪府池田市生まれ。幼年時代を釜山で過ごす。戦後引き揚げ。1948年宝塚歌劇団入団。1953年映画界に転身し、小津安二郎監督「東京暮色」、今井正監督「夜の鼓」、内田吐夢監督「浪花の恋の物語」など日本映画黄金時代の名作に出演、出演総数は70数本を数える。やがて舞台に情熱を傾け、東宝の「奇跡の人」や「風と共に去りぬ」に出演。宇野重吉の劇団民藝に参加。1980年ライフワークとなる「はなれ瞽女おりん」と出会い、684回の旅公演を重ねた。2008年の源氏物語千年紀には、全国各地で『源氏物語』を朗読、人気を集めた。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。