安部 龍太郎(あべ りゅうたろう)

1955年福岡県生まれ。久留米高専卒。1990年『血の日本史』でデビュー。2005年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞を受賞。13年『等伯』で第148回直木賞受賞。他に『関ヶ原連判状』、『信長燃ゆ』、『生きて候』、『天下布武』、『恋七夜』、『道誉と正成』、『下天を謀る』、『蒼き信長』、『レオン氏郷』『五峰の鷹』など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連商品

もっと見る

now loading