中野 孝次(なかの こうじ)

作家。1925年千葉県生まれ。1950年東大文学部独文科卒。1952~1981年国学院大学で教える。神奈川文学振興会理事長などを歴任。2004年7月逝去(享年79)。 <主な著書>『中野孝次 中国古典の読み方』、『「閑」のある生き方』、『ローマの哲人セネカの言葉』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。