マズロー,アブラハム・H(まずろー あぶらはむ・えいち)

1908年生まれ。1934年ウィスコンシン大学にてPh.D(心理学)を取得し、ブルックリン大学教授、ブランダイス大学心理学科長となる。1967年―68年アメリカ心理学会会長。1970年没。人間の心の問題を深くとらえた人間主義的な心理学アプローチをとり、「自己実現」「至高体験」などの概念を生み出した。 <主な著書>『創造的人間』(創元社)、『人間性の心理学』(産能大学出版部)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。