アレクシェーヴィッチ,スヴェトラーナ(あれくしぇーびっち すぶぇとらーな)

1948年イヴァノ・フランコフスク市(ウクライナ共和国)生。ベラルーシ大学ジャーナリス゛ム科卒業。83年にライプチヒ国際ドキュメンタリー映画祭で「銀の鳩賞」を受賞。2000年「20世紀の証言者賞」受賞、ドキュメンタリー番組「破滅の20世紀」(ソ・キョンシク氏との対談)、「ロシア小さき人々」の製作などで来日。2001年滞在中のイタリアでアッシジ平和行進に参加。 <主な著書>「戦争は女の顔をしていない」(84年、邦訳なし)、「最後の生き証人たち」(85年、邦訳「ボタン穴から見た戦争」群像社刊)、「チェルノブイリの祈り」(98年、岩波書店刊)「死に魅せられた人々」(93年、邦訳なし)など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。