アリソン,グレアム(ありそん ぐれあむ)

米国を代表する知識人の1人であり、核戦略、核テロリズム問題の権威。ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院の初代院長。現在は同大学ベルファー科学・国際問題研究センター所長であり、ダグラス・ディロン記念講座教授も務める。政策決定論の草分けとなった名著『決定の本質』の著者としても知られる。第1期クリントン政権では政策担当国防次官補として、対ロシア(旧ソビエト)政策を担当した。マサチューセッツ州ベルモント在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。