防災・危機管理対策に役立つ! 自治体・学校・企業、家庭にも必携

「想定外」にどう備えるか

画像提供:PIXTA

日本列島を直撃した台風19号は、全国で甚大な被害をもたらしました。 その後の報道によると、自治体が作成した「ハザードマップの想定区域外」で発生した河川の氾濫や土砂災害などによって人的被害が出たケースもあり、科学の進歩や人間の努力で、いかに防災技術と情報の精度を上げても、「想定外」はなくならないということが痛感されました。

では、「想定外」の災害時、生き残るにはどうすればよいでしょうか。防災教育の第一人者で、東日本大震災時に教えを守った小中学生の99.8%が助かった「釜石の奇跡」で知られる片田敏孝東大特任教授は、監修・出演した日経DVD『「想定外」を生き抜く力』の中で、「行政に委ねることなく、自分の命を自分で守る」という一人一人の意識改革が必要と指摘しています。そして、そのための防災教育を繰り返し行うことが大切です。

そこで、子どもから大人までを対象に使える防災教育DVDをはじめ、BCP(事業継続計画)、防災の豆知識など、いつ起こるかわからない災害や事故に備えるための商品をご紹介します。

誰もがいつも直面しているリスクについて理解できる、気軽な読み物もラインアップしました。