「決算書」を見れば企業の健康状態がわかる!

長谷川正人の「決算書のススメ」<第1回>

大手コンサルティング会社 上席コンサルタント 長谷川正人

 変化の多い時代には、変わり続ける企業の状態を把握するために、決算書を読み解くスキルが重要になっています。『決算書で読む ヤバい本業 伸びる副業』の著者、長谷川正人氏に、決算書を読むためのコツを3回に分けて解説いただきます。

決算書は何のためにあるか

 決算書/財務諸表は、簡単にいうと「会社の健康状態」(ちゃんと利益が出ているか、多少のことがあっても倒産しないか、お金の流れは順調かなど)を社内外の関係者(投資家、金融機関、取引先、従業員など)に示すために存在します。

 その会社の健康状態がどうかによって、関係者は行動を変えるはずです。たとえば何年も赤字が続く会社に投資、取引、就職しようと思う人はいないですよね。一般に、業績のいい、または改善しそうな会社の株価はあがりやすくなり、取引先からの取引条件も有利なものになり、また優秀な人材からの応募が増えやすくなります。逆もまた同様です。

決算書にもいろいろ・・・財務3表

 決算書/財務諸表は会社が好き勝手に作成できるものではなく、記載ルール・表示様式が法律などによって定められているため、読み解くためには一定の知識が必要です。

 いくつかある決算書の中でも「損益計算書」(主に収益性、成長性をチェック)、「貸借対照表(バランスシート)」(主に安全性をチェック)、「キャッシュフロー計算書」(主にキャッシュの流れが順調かどうかをチェック)は財務3表と言われます。

 財務3表のうち、損益計算書とキャッシュフロー計算書は一年間など一定期間の経営成績を示すフローの数字で、貸借対照表(バランスシート)は期末など一時点の財政状態を示すストックの数字です。これら3表は独立しているのではなく、相互に関連しあっていることが重要なポイントです。

損益計算書とキャッシュフロー計算書の関係

税引前純利益が、営業キャッシュフローの起点のベース項目になる

バランスシートとキャッシュフロー計算書の関係

バランスシートの現預金は、キャッシュフロー計算書の期末現金残高に基本一致する

基本スキルなのに苦手な人が多い

 今や決算書を読む会計スキルはビジネスパーソンの基本スキルとして位置づけられていますが、依然として決算書・会計知識のことを「無味乾燥な数字ばかりで、とっつきにくい」と苦手意識を持つ人が多く見受けられます。

 決算書が読めるようになるためには細かな勘定科目(例「投資有価証券」は何を意味するか)を覚えたり、簿記の知識が必要だったりするのではないかと思っている人もいますが、決してそんなことはありません。決算書を読み解くコツについてはこの連載の第2回、第3回で解説していきます。

 

『決算書で読む ヤバい本業 伸びる副業』のポイント
決算書で読む ヤバい本業 伸びる副業』では、
・アマゾン、ソフトバンク、サッポロ、LINEなど有名企業12社の財務3表を一覧にして、相互の変化の関係を表の吹き出しや本文の解説でわかりやすく示しています。
・各章の間には「用語解説」を入れることで、初心者にも理解しやすい構成にしています。
・これらにより、誰もが知る有名企業12社の「決算書を通じた健康状態」がわかるようになっています。

 

長谷川正人(はせがわ・まさと)
大手コンサルティング会社上席コンサルタント。日本証券アナリスト協会検定会員。滋賀大学大学院経済学研究科客員教授。日経CNBC「けいざい豆知識!『イチマメ』」にて会計・財務分野の解説者(2014年~2016年)。
1958年東京生まれ。1981年早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業し、同年、大手コンサルティング会社に入社。これまで市場調査業務、証券アナリスト業務、経営コンサルティング業務、財務研修講師業務等に従事。会計・財務に関わる研修・講演を勤務先の若手コンサルタント、大手企業ビジネスマン、大学院生など多数に展開するほか、テレビ番組で解説者もつとめる。
単著に『ヤバい決算書』(日本経済新聞出版社)、『「強い会社」はセグメント情報で見抜きなさい』(KADOKAWA)、『なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか?』(東洋経済新報社)。共著に『経営用語の基礎知識』(ダイヤモンド社)、『未来萌芽』『新世代企業』『閉塞突破の経営戦略』(以上、野村総合研究所)。
趣味はビール缶コレクション。