体幹を鍛えて、飛距離アップ!

毎日10分の体幹トレーニングでゴルフが変わる!

書斎のゴルフVOL.37

ツイスト&クラブを使ったサイドベント+ツイスト

直立して頭の後ろで手を組み、上体を左右に倒し、回旋

 サイドベントに続いてツイストを行います。足を肩幅に開いて直立し、肘を開いて頭の後ろで手を組みます。息を吐きながら、上体を右に回旋し、左に回旋します。背骨を軸にし、体が傾かないようにしっかり捻ります。頭、胸などが真横に向けるまでできれば理想です。10回ずつ行います。また、サイドベントとツイストはクラブを使っても行えます。足を肩幅に開いて直立し、クラブを首の後ろから担いで両端を持ちます。この姿勢から息を吐きながら上体を右に左にと倒します。その後、上体を右に左に回旋します。それぞれ10回ずつ行います。練習前やプレー前に行うとスイングがスムーズに行えるようになります。

スクワット&オーバーヘッドスクワット

通常の「スクワット」を行い、その後、両手を挙げて行う

 スイングでぐらつかないためには腹筋や脚力も鍛える必要があります。そのために最も有効なエクササイズが「スクワット」です。ももやふくらはぎの筋力強化、ヒップアップにも効果があります。直立して両手を胸の前で交差させます。両足は肩幅に広げ、つま先と膝を正面に向けます。息を吐きながら、目線は斜め下を見て、お尻を後ろに引くようにしゃがみ、膝はつま先よりも前に出過ぎないように曲げます。息を吸ったら、また息を吐きながら立ち上がります。何回か行ったら、両手を挙げて同じようにスクワットします。これも5回行います。クラブを両手に持ってやっても構いません。

シングルレッグスクワット

右足、左足、交互に行う「スクワット」にも挑戦

 両足で「スクワット」を行ったら、片足立ちでも行います。最初は右足から。直立して両手を胸の前で交差させ、左足を膝から後ろに曲げて軽く浮かせ、右足だけで立ちます。視線を斜め下に向けて腰を後ろに引きながら、右の股関節に体重を乗せ、両ももを合わせて膝を曲げていきます。膝は45度くらい曲げれば良く、つま先よりも前に出過ぎないこと。背中は丸くならず、一直線を保つこと。バランスを崩さないように行います。右のお尻の筋肉にじわっと効いてくるはずです。右足で行ったら左足だけで「スクワット」を行います。左のお尻にじわっと効いてくるようにしっかり行います。左右交互に5回ずつ行います。

次のページ:チョップ(両手を組み、下から斜め上に思い切り上げる)

関連リンク

関連記事

もっと見る

now loading