中学受験するなら、男子校 or 女子校? それとも共学?

変化する中学受験事情

日本経済新聞出版社

 中学受験の志望校を選ぶときに迷うのが、共学にするか、別学(男子校 or 女子校)にするかです。分かれている背景には、歴史的経緯としっかりとした理由があります。共学、別学それぞれのメリットとデメリットを比較し、最新事情を踏まえて、あなたのお子さんに合った最適な学校選びをサポートします。

「男子校・女子校」と共学校それぞれのよさとは?

蓄積された教育ノウハウが男子校・女子校の強み

 戦後の学制改革で公立学校のほとんどは男女共学に移行しましたが、私立中学には今でも男女別学を守り続けている伝統校、有名校が多くあります。その理由の一つとして、思春期における男女の発達のスピードの違いが挙げられます。小学校高学年から中学生あたりの年代では、男子よりも女子のほうが精神的にも身体的にも成長が早く、その差は1~2歳程度ともいわれています。そのためこうした時期には、男子は男子だけ、女子は女子だけで生活したほうがのびのびできるという考え方があるのです。

 また、男子と女子とでは、学習の理解の仕方にも違いがあるといわれています。男子は空間認知能力が高く、女子は言語認知能力が高い。男子は少し難しい問題に挑戦させることが学習の意欲づけになり、女子はやさしい問題からこつこつと積み上げるように理解させる指導が合う……などです。

 中学受験において男子校・女子校が選ばれる最大の理由は、こうした男女の成長差や特質の違いに応じた指導が受けられる点にあります。男子校の開成・麻布・武蔵、女子校の桜蔭・女子学院・雙葉のいわゆる御三家をはじめとする伝統校が、今もなお高い進学実績を誇っているのは、長い歴史の中で培われた男子教育、女子教育の優れたノウハウがあるからなのです。

 一方、戦後の学制改革以降に誕生した私立学校には、最初から共学校としてスタートした学校が多くあり、近年では男子校・女子校が共学化する例も増えています。また、ひと口に共学校といっても学校によってその形態は異なり、同じ学校の中で男子部と女子部を分ける学校や、クラス編成は男女別としつつ学校行事などは男女一緒に行い、男女併学システムを採用する学校も出てきています。

近年共学化した主な私立学校


 では、共学校の魅力とは何でしょうか。第一に、小学校まで共学で学んできた子どもにとって違和感のない環境であることや、卒業後に男女共学の大学に進み、男女が共に働く社会に出るうえで戸惑いが少ないことなどが挙げられます。さらにクラブ活動や行事などにおいても、男子主導、女子主導、男女共同など、さまざまなバリエーションで行われるため、選択の幅が広いという傾向もあります。

「男子校・女子校」と共学校それぞれのよさとは?

 男子校・女子校および共学校にはそれぞれのよさがあります。また、同じ「男子校」「女子校」「共学校」というカテゴリーの中でも、各校の教育方針や教育システムはさまざまで、一概にどれがベストと決めることはできません。大切なのは、我が子の性格や学習スタイル、中学校に入ってからしたいことや将来像を把握したうえで、どの学校がいちばん適しているのか、保護者としてしっかり見極めることです。

「男子校・女子校」「共学校」主な有名校・人気校

男子校・女子校と共学校 徹底比較!

関連記事

もっと見る

now loading