絶品チャーハンが、本当につくれた!

『男のチャーハン道』を試してみる。

担当編集者N

料理研究家、そしてライターとして活動する著者が、3年もの苦闘の末、ついに発見した絶品チャーハンをつくるレシピ。著者は、「誰でも、家庭用のコンロでも再現できる」と豪語するのですが、「それって、本当なのか?」と若干の疑念を抱いた担当編集者。実際に家で試してみました。

やっぱり「パラパラにできない」に悩んでいた

 パラパラのチャーハンがつくれないのは、ダメ人間である……。料理研究家として、この強迫観念にとりつかれた著者が、多くの試行錯誤を経て、ついに完成した究極の一品を実現させるレシピを紹介するのが『男のチャーハン道』です。

 著者は、これまでも『男のパスタ道』でペペロンチーノのつくり方だけを説明するのに、新書1冊をまるまる使って話題を呼び、さらに『男のハンバーグ道』という本も過去にプレミアシリーズから刊行しています。

 いずれも、巻末に著者が「発見」したレシピが掲載される一方で、そこに至る実験の数々など、苦闘の様を詳細に描いているところが、読み物として超絶に面白い書籍となっています。

 もちろん担当編集者も、ゲラをチェックする過程で、実際につくってみるわけですが、ペペロンチーノ、ハンバーグともに「これまで体験したことのない味だ!」と自信をもってお薦めできるのは間違いありません。

 そしてチャーハン。担当者も家でたまにつくっているものの、卵でべちゃべちゃになってしまい、なかなかパラパラにはできません。いろいろ「やり方」を変えてはみても、お店のようにはならず、「これは火力のせいだよな」と勝手に納得していました。

家庭の火力でも、絶品チャーハンってできるんですね

 この『男のチャーハン道』の企画、実はかなり前から構想されたのですが、なかなか原稿がいただけません。「やはり、チャーハンは難しいのか」と思っていたところ、著者がある料理人の方と出会って、ついに最後の決め手を発見。待ちに待った原稿をいただきました。

 いよいよ最終ゲラ(印刷寸前の段階)になったので、担当者も試してみることにしました。そのつくり方には、「ええっ、そんなことするの?」という食材の扱い方があるのですが、これはネタバレになるので、ここでは触れません(すみません)。

 また、調理器具として広東鍋(両手づかみの中華鍋)が推奨されています。これについては、担当者の家にはチタン製の片手中華鍋しかなく、家庭会議で購入を否決されたため、仕方なく、いまある鍋で挑戦することにしました。

「パスタとハンバーグは大丈夫だけど、チャーハンは調理技術が必要だから、難しいのでは?」。半信半疑になりつつも、「最大火力で、鍋をあおらない、動かさない」など(これくらいはバラしてもOKでしょう)、著者の言いつけを守ってつくったところ……。

 本当に衝撃です。家庭で、こんな味が再現できるなんて!という仕上がり。担当者はたまに料理はするものの、まったくの素人です。卵に火を通し始めて、ごはんを入れるタイミングや混ぜ合わせ方など、多少のコツは必要ですが、それでも自分史上、最高の出来です。

 本書の提案するレシピ、食材は、ご飯、卵、ネギ、油、塩だけ。誰でも、どこでも試せます(電気調理器具だと、どうなるかは実験していませんが)。あなたも、ぜひ絶品チャーハンを家でつくってみませんか。

関連記事

もっと見る

now loading