『ゼクシオ テン』 革新的クラブ

永井延宏プロの試打インプレッション「見えない力に負けないから、 振るだけで芯に当たる!」

書斎のゴルフVOL.37

自然に振るだけで芯に当たるという『ゼクシオ テン』。
本当にそうなのか、そうであれば、なぜそうなるのか。
クラブとスイングの関係に造詣の深い永井延宏プロが『ゼクシオ テン』を試打、分析してくれた。

――10代目となる『ゼクシオ テン』が発売されましたが、これまでに増して、上手く打てて飛距離も伸びると評判ですね。

永井私もすでに打ちましたが、一般のアマチュアのスイングをさらに深く研究して、そういった方々がとても上手く打てるように作られたクラブだと思いました。私はレッスンプロとしてアマチュアの方々が上手く打てるように体の動きを良くする研究をしてきたわけですが、そういった意味では通じるところが多く、非常に共感が持てました。

――アマチュアを主体にして開発されたクラブというわけですね。

永井クラブの中にはクラブ主体で開発されたものもあり、ゴルファーはそのクラブに付いてきて、使いこなせば良いといった作り方をしているクラブ寄りのクラブもありますが、『セクシオ テン』はそれとはまったく正反対の人寄りのクラブだと思います。

――『ゼクシオ テン』はゴルファーに優しいクラブと言えるのですね。人を第一に考えたクラブだと。

永井その通りですね。ですから月イチのゴルファーでも上手く打ててしまう、下手だと思っている人が「えっ」と思うくらい上手く打てるわけで、人気が出てしまうのは当然ですね。

――では、『ゼクシオ テン』はどういったことから普通のアマチュアが上手く打ててしまえるのか、レッスンプロのお立場からご説明いただけますか?

永井ご存じのようにアマチュアの多くはスライサーですよね。アウトサイドインのスイング軌道で、フェースが開いて当たるためにボールがつかまらない、飛距離の出ないスライスになってしまうわけです。しかし、こうなってしまうのは、実はクラブを振ることから起きる当然の現象なのです。

――と、言いますと。

永井クラブを構えた後、ヘッドを浮かせてグリップの握りを緩めてみればわかりますが、フェースが上に向いてしまいます。ヘッドの構造上、そういう動きを自然にしてしまうわけです。ですから、バックスイングではフェースが開いて上がりやすく、ダウンスイングではもっと開いて下りてきてしまうのです。そのまま打てば、フェースが開いているので擦り球のスライスになってしまいます。

――なるほど。開いて当たってしまうのはクラブの持って生まれた性格なのですね。

永井それだけでなく、クラブを振ると遠心力が働きますよね。それが飛ばす力にもなるわけですが、トップからの切り返しから打ちにいくと、遠心力によってヘッドが引っ張られてコックがほどけてしまい、どんどん体から遠ざかってしまうわけです。それでアウトサイドインの軌道になってしまう。それにインパクト前にもクラブが遠心力と引力によって引っ張られて体から離れようとするので、ますますアウトサイドインの軌道でインパクトしてしまうわけです。しかもフェースは開いているので、より大きなスライスになってしまうのです。

――確かにそうですね。

永井こうなってしまうのは、クラブに振り負けているからですね。柔道ならば、組み手を取られて体勢を崩され、投げ飛ばされてしまったということです。スイングで例えれば、アドレスからクラブに支配されて、トップでの切り返しではクラブによって体勢を崩され、クラブに投げ飛ばされたといった感じです。

――クラブに振り回されたわけですね。

永井その通りです。ダンロップさんから、足を固定せずにロボットにクラブを振らせたら、フォロースルーでロボットが倒れてしまう映像を見せてもらいましたが、まさにクラブに振り負けてしまったわけです。こうなると、体がぐらついてクラブの芯に当たらなくなってしまいます。つまり、こういったことが起きるのは、クラブを振ることによって、遠心力などの「目に見えない力」に負けてしまったからなのです。

――目に見えないからわからない。だから無意識のうちにクラブに振り回されて、芯でとらえられないし、たとえ当たってもスライスになってしまうのですね。

永井ですから、上手な人はそのことがわかっていて、意識的にそうならないようなスイングをしているわけです。切り返しから遠心力に負けないようにコックを溜めてクラブが早く下りないようにして、インサイドからダウンスイング、しかもフェースが開かないようにアームターンをしてスクエアフェースでインパクトできるようにしているわけです。つまりはテクニックを駆使してナイスショットになるようなスイングを行っているのです。

――それができるから上級者なのですね。

永井そうなのです。ですからレッスンプロの私はそうした上級者のスイングになるように指導しているわけです。とはいえ、「見えない力」は見えないだけに普通のゴルファーには理解することが難しい。それでドリルなどを作って、段階を追って良いスイングになるようにしています。ところが、そうしたことをクラブ自体がやってくれるのが、『ゼクシオ テン』なのです。

クラブを振ると遠心力という「見えない力」が働くため、体が前後に引っ張られる力がかかる。特に前方向に力がかかりやすく、試打ロボットの足を固定しないと前に倒れてしまう。

――「見えない力」に振り負けないクラブですね。クラブが良くないスイングを生み出していたのに、そのクラブが良いスイングを生み出すようにしたというわけですね。

永井だからこそ『ゼクシオ テン』は画期的なのです。まず、研究を重ねた末に完成したシャフトは切り返しのときにしなって粘ります。それによって、トップでタメができてコックのほどきが遅くなり、手が体の近くを通るようになります。つまり、アマチュアに多い早打ちのミスを防ぐと共に、アウトサイドインの軌道をも修正してしまう可能性があるのです。

――私も打ってみましたが、確かに自然にトップでタメができやすい。ゆったり振れてタイミングが取りやすかったです。

永井そうでしょう。しかもインパクト手前からシャフトが素速くしなり戻ってくれる。だから、インパクト手前でヘッドが遠心力によって体から離れていくことを抑えてくれるのでインサイドインの軌道になりやすく、フェースも開かずにスクエアに戻ってきてくれるのです。

――確かにフェースを返そうとしなくても返ってくれます。それもパッとヘッドが戻ってきて振り抜ける。走ってくれますね。

永井これまでのクラブであれば、遠心力によってフェースが開いてしまうわけで、それを感じてしまえば、当然、フェースを無理矢理返そうとしますよね。そうすると、ますますひどいスイングになってしまう。スイングが壊れて、ミスを連発してしまいます。ですので、そうしたことが起きにくい『ゼクシオ テン』ならば、自然と良いスイングになりやすく、その良い感覚がわかってくれば、どんどん上達できてしまうということになります。

――アマチュアが上手くなれないのはそもそも良いスイングが感覚としてわからないということがあるからですね。ところが『ゼクシオ テン』を使えば、良いスイングに目覚めることができるというわけですね。

永井「目に見えない力」、つまり上手く打てなくしてしまう力を抑制してくれるわけです。それはスイング軌道を良くするだけでなく、安定させてくれます。クラブを振る遠心力によってダウンスイングから体が前に倒れやすくなることを防いでくれます。つまりは体の上下のブレが少なくなって、ヘッドの打点ブレも減少する。だからこそ、ヘッドの芯に当たりやすいのです。

――「芯食いドライバー」の異名はそうした物理的な要因によるのですね。

永井それが可能なのは『ゼクシオ テン』のシャフトの効果が大きいのですが、ヘッドの進化も大きく、その相乗効果でよりナイスショット率が上がっています。例えばスイートエリアの反発が高くなり、大きく広がったこと。シャフトの進化によって打点ブレが抑えられているうえに、高反発エリアが広がっているのですから、うんと受け皿が広くなっています。しかも適切な重心位置によって、つかまりが良く、しかもキャリーが出る高弾道にもしてくれる。シャフトもしなり戻って走り、ボールも上がりやすくできているので、よりやさしく距離が出るハイドローになるというわけです。

――永井プロが放った『ゼクシオ テン』の打球は『ゼクシオ』らしい軽快な打球音を発して、ハイドローで凄く距離が出ていましたが、前モデルよりも強弾道に感じました。

永井私もそれを実感しました。進化したシャフトとヘッドによるのでしょうか、『ゼクシオ テン』には前に突っ込んでいこうとする勢いの強さがあります。前モデルは上がりやすくてキャリーが出て、弾道はとても綺麗なのだけど、もう1つ勢いが欲しかった感じがありました。ところが『ゼクシオ テン』はインパクトで押しの力を感じますし、弾道も風に負けない強さがある。ランも出ていましたよね。それだけに前モデルよりもかなり飛距離が稼げます。

――本当にそうでした。『Miyazakiモデル』も打たれましたが、どうでしたか?

永井このモデルは重量感があり、よりハードヒッターには強弾道が出ると感じました。左には行かない安心感があるので、レギュラーモデルで球がつかまり過ぎる人には凄く良いと思います。しっかり叩いて飛ばしたい人にはマッチしますね。

――ドライバーはどちらも振り負けないから、当たり負けしない感じがありますね。

永井それは『ゼクシオ テン』のフェアウェイウッドやハイブリッドにも感じました。前モデルよりも明らかに勢いのある打球になっていると思います。それでいて弾道は高く上がりますからグリーンに止まってくれる。フェアウェイウッドではパー5ホールでこれまでよりもかなりグリーンに近づける。もちろん、2オンイーグルの可能性もありますね。特にハイブリッドはライを選ばずにピンを狙っていけます。ドライバーと同じコンセプトによる進化したシャフトとヘッドの相乗効果ですね。

――アイアンはどうだったでしょうか?

永井これはもう本当に打ちやすいし、飛距離も出ます。ドライバーと同じようにシャフトがスイング軌道を良くしてくれ、打点ブレを軽減してくれるので、芯を食ってくれる。特にシャフトが粘ってくれるので、遠心力によってヘッドが開いて早めに落ちてしまうことがないため、圧倒的にダフリが少ない。しかもそのシャフトの効果でヘッドが素速くターンするので、ボールがつかまってくれる。アマチュアにとっては最高のアイアンだと思います。

――『ゼクシオ テン』はすべてのクラブで飛距離が出てナイスショットが増えるため、パーオン率が大幅にアップする気がします。

永井『ゼクシオ テン』はセットで揃えたいし、揃えてこそ尚さらゴルフのパフォーマンスがアップしますよね。振り負けることがないから、振れば勝てるし、それも楽に勝てる。スコアがアップするだけでなく、勝負で強さを発揮するクラブですね。

永井延宏(ながい・のぶひろ)
196922日、埼玉県生まれ。10歳よりゴルフを始め、学生時代から多くのアマチュア大会に出場、その後、渡米し最先端ティーチングを学ぶ。2006年にレッスンオブザイヤー受賞。

関連記事

もっと見る

now loading