スコアメイクの掟

「右か左か、 目標を明確にして打て!」

書斎のゴルフVOL.36

元・日大ゴルフ部のキャプテンで、現在はゴルフ工学研究所所長。
スコアメイクに苦しむゴルファーを救いたいと日夜ゴルフを研究している久富さん。
ここ数年はアマチュアの悩みを知りたいと左打ちをやってきた。
そんな久富さんが、100の壁、90の壁にぶち当たっているアマチュアに、スコアを良くする秘伝を10箇条にして授けてくれた。
頭に入れてからラウンドすれば、「あら、不思議」の効果満点だ。

──今回はスコアメイクがテーマです。改めて言うまでもなく、久富さんのレッスンは常にこのスコアメイクという命題が底流にあります。例えば、見栄えのいいスイング、あるいは飛距離が出ても、それがスコアに結びつかないのでは意味がないというようなことです。そうですよね。

久富その通りです。ゴルフというのは一発の美技を求めてはいません。5割、6割の出来のショットをつないでいくものなのです。ボビー・ジョーンズやジャック・ニクラウスのような名手でさえ、納得いくショットは1ラウンドに2発くらいだと言うほどですから。

──よく例に出されるのが、2オン2パットも3オン1パットも同じパーだということ。どちらもスコアカードには4としか記録されず、ショットの内容は関係ないということでした。まあ、我々はパーではなく、ボギー、ダブルボギーと置き換えたほうがいいのですが。これが実は、個人的には非常に役立った考え方です。目から鱗が落ちたと言ってもいいくらいです。

久富パーを基準に考えていると、ボギーになったときに、ミスをしてしまったと落ち込んでしまうわけです。ですが、よく考えてみてください。全ホールボギーで90なわけです。ですが、90を切りたいと思っているレベルのゴルファーならパーの1つや2つは取れる実力はあるはずです。ですから、ボギーを基準にプレーをしていれば90を切れるものなのです。100切りのレベルであれば、ダブルボギーを基準にプレーしていけばいいのです。

──私も、今だからその考えが正しいと言い切れます。しかし、当初は違和感がありました。

久富皆、そうですよ。パーを狙って、失敗した結果のボギー、ダブルボギーであって、最初からボギーを狙うなんてあり得ないという考え方が一般的です。

──久富さんとは長い間、取材とラウンドを続けているわけですが、ボギーを基準とするということのほかに、ショットにおいては、アイアンによる転がしのアプローチ、2番手アップのフルスイング、簡単にフックが打てるようになったというのが目から鱗の出来事でした。もう私の目には鱗が何枚あるのでしょうかね。そして、それに匹敵するのが、今日実践した、ロングホールの2打目は7番アイアンを使うということです。

久富そんなに驚きましたか。

──そうですよ。考えもしませんでした。例えばティショットを林に打ってしまったとか、深いラフから打たなければならないというときには7番、あるいはそれ以下のクラブを使うこともありますが、フェアウェイからですからね。

久富ロングホールの2打目には、皆さん、フェアウェイウッドを使うことが多いと思います。ですが、思い返してみてください。それで上手くいった確率はどれくらいでしょうか。かなり低いと思いますよ。フェアウェイウッドを持つと、まず距離を出さなければならない、いや、距離を欲しがると言ったほうが適切でしょうか。そして距離が出る分、曲がったときにトラブルになるケースが多いですね。つまり、距離と曲がりという2つの不安を抱えてのショットとなるわけです。そういう不安をなくすにはどうするかと考えた結果が、7番アイアンを使うということです。

──もっと早く教えて欲しかったです。勝負は3打目で、という一言でもよかったです。2打目の刻みの言い訳というか、理由づけになりますからね。

久富2打目で勝負するよりは、ひとまずグリーンに近づいておく、そうすることで3打目がやさしく感じられるようになります。もちろん、4打目勝負になってもいいわけです。

次のページ:右か左か、打つ前に必ず、ボールを打つ方向を決める

関連記事

もっと見る

now loading