著作一覧

カルダー,ケント・E (かるだー けんと・E) Kent E. Calder

1948年米国ユタ州生まれ。ハーバード大学政治部でライシャワー教授の指導を受け、博士号取得。1983年から2003年までプリンストン大学ウッドロー・ウイルソン政治大学院で教鞭を執る。ワシントン戦略国際問題研究所(CSIS)日本部長(1989-1993)および、駐日米大使特別補佐官(1997-2001)を歴任。2003年よりジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS) エドウィン・O・ライシャワー東アジア研究センター所長。90年度大平正芳賞、有沢広巳賞受賞。97年度アジア・太平洋賞大賞。 <主な著書>『アジア危機の構図』(日本経済新聞社)、『戦略的資本主義』(日本経済新聞社)、『自民党長期政権の研究』(文藝春秋)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

米軍再編の政治学

海外米軍基地はなぜ存在するのか。侵略抑止、同盟関係強化、紛争防止、グローバル補給ネットワーク……21世紀においてもその意義はあるのか。米国、同盟国、国際社会にもたらした影響を分析し、米軍再編を問う。