著作一覧

塩田 潮 (しおた うしお)

1946年高知県吾川郡伊野町(現いの町)生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。雑誌編集者、記者などを経てノンフィクション作家に。『霞が関が震えた日』で第五回講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に、『大いなる影法師』『昭和の教祖 安岡正篤』『金融崩嬢』『田中角栄失脚』『憲法政戦』『熱い夜明け』『辞める首相 辞めない首相』『権力の握り方』『復活! 自民党の謎』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

内閣総理大臣の日本経済

書籍 

内閣総理大臣の日本経済

塩田潮  著

定価(本体2,300円 +税)

ISBN:978-4-532-16951-0

アベノミクスとともに関心が高まる首相の経済政策。それはどのように発案され、どう実行され、どう実体経済に作用しのか。戦後経済の歩みを検証し、現政権の経済運営の行方を占う。骨太の政治経済ノンフィクション。

辞める首相 辞めない首相

日経プレミアシリーズ 

辞める首相 辞めない首相

塩田潮  著

定価(本体950円 +税)

ISBN:978-4-532-26136-8

退陣表明してから史上最長の「居座り」はなぜ起こったのか。田中角栄以降の20人の歴代首相がどう権力を喪失していったのかを、「辞め方」で分類して紹介。菅政権の退陣の様子を盛り込み、日本政治の行方を探る。

憲法政戦

書籍 

憲法政戦

塩田潮  著

定価(本体1,900円 +税)

ISBN:978-4-532-16730-1

戦後政治は、憲法を軸とした権力闘争の歴史でもあった。国の最高法規を巡り、政治家がどんな争いを繰り広げたのか、民主党政権発足によって、今後憲法問題がどこへ向かうのか。緻密な筆致で明かす本格ノンフィクション。

バブル興亡史

日経ビジネス人文庫 

バブル興亡史

塩田潮  著

定価(本体857円 +税)

ISBN:978-4-532-19070-5

品切重版未定

第1次大戦後のバブル崩壊で、日本経済は10年以上の大不況に突入。浜口雄幸、井上準之助、高橋是清の3人の蔵相は次々に暗殺され、改革は終わりを告げた。大正から昭和への流れを丹念に追い、現代への教訓を探る。

誰がための官僚

書籍 

誰がための官僚
―「霞ヶ関の逆襲」は始まるか―

塩田潮  著

定価(本体1,800円 +税)

ISBN:978-4-532-16383-9

品切重版未定

霞が関に地殻変動を起こした省庁再編。政治から決別し、国民に視線を据えた行政を目指す「21世紀の革新官僚」が生まれ始めた。財務、経済産業など中核省庁で進む官僚たちの逆襲を追う傑作ノンフィクション。

金融蟻地獄

書籍 

金融蟻地獄
―ドキュメント・日米銀行戦争―

塩田潮  著

定価(本体1,600円 +税)

ISBN:978-4-532-16312-9

品切重版未定

政界、大蔵省そして金融界が複雑にもたれ合った結果、前代未聞の崩壊を見せた日本の金融システム。その背後には経済復活を目指すアメリカの長期戦略が......。日米欧の関係者への綿密な取材をもとに、日米金融戦争の内幕を描ききる、待望の書き下ろしノンフィクション。

金融崩壊

書籍 

金融崩壊
―昭和経済恐慌からのメッセージ―

塩田潮  著

定価(本体1,800円 +税)

ISBN:978-4-532-16243-6

品切重版未定

高橋是清の死から61年が過ぎた。大型バブル崩壊、資産デフレそして金融機関の倒産――という現在の危機は、まさしく大正バブルの破裂と同じ軌跡をたどっている。悲運に倒れた3人の蔵相の苦渋と決断をたどりながら、平成大不況の暗い行く末を見つめる。著者久々、渾身の書き下ろし。