著作一覧

佐藤 博樹 (さとう ひろき)

東京大学大学院情報学環教授(社会科学研究所兼務)。1953年生まれ、1981年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、同年雇用職業総合研究所(現、労働政策研究・研修機構)研究員、1983年法政大学大原社会問題研究所助教授、1987年法政大学経営学部助教授、1991年法政大学経営学部教授、1996年東京大学社会科学研究所教授、2011年4月より現職。 <主な著書>『マネジメント・テキスト 人事管理入門〈第2版〉』(共著、日本経済新聞出版社)、『実証研究 日本の人材ビジネス』(共編、日本経済新聞出版社)、『パート・契約・派遣・請負の人材活用〈第2版〉』(編著、日経文庫)、『男性の育児休業』(共著、中公新書)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著、日経文庫)、『結婚の壁』(共編著、勁草書房)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

働き方改革とカップルの子育て 

日経ビデオ・DVD 

働き方改革とカップルの子育て  〈全1巻〉

佐藤博樹  中央大学大学院戦略経営研究科〔ビジネススクール)教授、 松浦民恵  法政大学 キャリアデザイン学部 准教授監修

定価(本体92,500円 +税)

仕事と介護の両立のために

日経ビデオ・DVD DVD

仕事と介護の両立のために 〈全1巻〉
―ワークライフバランス―

佐藤博樹  中央大学大学院戦略経営研究科〔ビジネススクール)教授、 松浦民恵  法政大学 キャリアデザイン学部 准教授監修

定価(本体92,500円 +税)

ISBN:978-4-532-48813-0

人材活用進化論

書籍 

人材活用進化論

佐藤博樹  著

定価(本体4,000円 +税)

ISBN:978-4-532-13424-2

日本の人材活用システムをめぐる改革はどのような課題を解決し、新たな問題を生み出したのか? ワークライフバランスなど様々な制度設計に携わってきた研究者が、激変の20年を総括し、問題提起を行う。

職場のワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランスの実現は、企業や自治体にとって、人材の獲得、モラールアップ、生産性アップのため今や欠かせない課題だ。人事評価や仕事の進め方など、職場でどのように取り組むかを具体的に解説。

ポジティブ・アクション

日経ビデオ・DVD DVD

ポジティブ・アクション 〈全1巻〉

佐藤博樹  東京大学社会科学研究所教授、 河野真理子  キャリアネットワーク代表取締役会長監修

定価(本体60,000円 +税)

ISBN:4-532-48703-4

経営者、管理職

実証研究 日本の人材ビジネス

企業経営の重大要素になっているにもかかわらず正面から分析されず、様々な批判を浴びている日本の人材ビジネス。その現状、機能、課題、制度変更のインパクトを包括的に分析し、必要な戦略を明らかにする初の本格的分析。

人事管理入門

ワークライフバランス、非正規社員の活用……。日本企業の人事管理はここ数年で大きく変化している。人事管理のベストテキストとして実務家、学生から高く評価されているロングセラーを環境変化に即応して全面改訂。

ワークライフバランス実現のためのマネジメント

日経ビデオ・DVD DVD

ワークライフバランス実現のためのマネジメント 〈全1巻〉

佐藤博樹  東京大学教授、 小室淑恵  ワーク・ライフバランス 代表取締役監修

定価(本体86,000円 +税)

ISBN:4-532-48696-9

企業などあらゆる組織の管理者層、経営者、人事労務担当者

ワークライフバランス

日経ビデオ・DVD DVD

ワークライフバランス 〈全1巻〉

佐藤博樹  東京大学教授、 小室淑恵  ワーク・ライフバランス 代表取締役監修

定価(本体86,000円 +税)

ISBN:4-532-48689-1

企業などあらゆる組織の管理者層、人事労務担当者、一般社員

パート・契約・派遣・請負の人材活用

日経文庫 

パート・契約・派遣・請負の人材活用 〈第2版〉

佐藤博樹  編著

定価(本体900円 +税)

ISBN:978-4-532-11182-3

品切重版未定

非正規社員の割合は全雇用者数の3分の1を超え、人材の多様化にあわせた職場のマネジメントが求められている。本書は、パート・アルバイト、派遣、契約社員、請負などの活用のポイントをコンパクトに解説する。

Q&A ここが知りたい 派遣スタッフ活用

「残業は頼めるのか」「雇ったのにあまり仕事をしない」「セクハラの相談を受けたら」・・・・・・派遣社員活用をめぐって、職場のトラブルが増えている。問題解決のためのヒントを、ケースにもとづき具体的に解説する。