著作一覧

國領 二郎 (こくりょう じろう)

慶應義塾大学総合政策学部教授。1982年東京大学経済学部卒業。日本電信電話公社入社。1986年ハーバード・ビジネス・スクール留学。1992年同経営学博士。1993年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授。2000年同教授。2003年同大学環境情報学部教授。2006年より現職。 <主な著書>『オープン・ネットワーク経営』(日本経済新聞社、1995)、『オープン・アーキテクチャ戦略』(ダイヤモンド社、1999)、『オープン・ソリューション社会の構想』(日本経済新聞社、2004)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

ソーシャルな資本主義

書籍 

ソーシャルな資本主義

國領二郎  著

定価(本体1,800円 +税)

ISBN:978-4-532-35556-2

ネットワーク、IT化によって誕生した新しい経済それが、ソーシャルな資本主義だ。規模の利益など従来の常識が通じない経済とどのようにつきあえばよいのか? 国家・企業に必要な戦略を提言する21世紀経済解体新書。

創発経営のプラットフォーム

オープン・ネットワーク時代の組織・戦略を考える上で欠かせない概念となったプラットフォーム。本書は、IT経営研究の第一人者である國領教授主導のプラットフォームの論理と機能を実証的に解明する先端的研究。

「元気村」はこう創る

情報化は地域再生の切り札。財政悪化を尻目に元気のよい自治体に共通しているのは、巧みな情報化だ。コミュニティ作り、産業創生、医療・高齢者サポートなどの事例から情報化戦略のエッセンスを抽出する最良の手引。

オープン・ソリューション社会の構想

書籍 

オープン・ソリューション社会の構想

國領二郎  著

定価(本体1,600円 +税)

ISBN:978-4-532-31155-1

品切重版未定

閉塞感に満ち、個人を生かし切れない日本。日本に必要なのは、オープンなネットワークを活用し、知を結合し、経済社会問題を解決する仕組みづくり(ソリューション)だ。ITを活かした経済ビジョンを大胆に提示。

デジタルID革命

ユビキタス時代のインフラとして注目されるICタグ。将来10兆円市場になるといわれる夢の製品だが、プライバシー侵害など問題も多い。ICタグが開くID(識別)革命の光と影を描き、成功するビジネスモデルを考察する。

デルの革命

設立わずか15年で、全米第1位のPCメーカーとなったデルコンピュータ。その驚異的成長の秘密を解くカギは、顧客・サプライヤー・社員との結びつきを重視したユニークな経営戦略にある。世界の注目を集める天才経営者が自ら語る、ネットワーク経済下の「ビジネスの未来像」。

デルの革命

設立わずか14年で、世界第2位のPCメーカーとなったデルコンピュータ。その急成長の秘密とは何か。サプライチェーン・マネジメントの成功者としても大きな注目を集める天才経営者が自ら語る、体験的戦略論。

オープン・ネットワーク経営

情報技術革新は米国企業を再生させ、日本企業の組織・戦略を大きく変えようとしている。21世紀を支配する企業システム「オープン・ネットワーク経営」の論理を解明する先端的分析。