著作一覧

國廣 正 (くにひろ ただし)

弁護士(国広総合法律事務所)。大分県生まれ。東京大学法学部卒業。専門分野は、訴訟(会社法・金融商品取引法などの領域)、企業の危機管理(適時開示・プレス対応・監督当局対応を含むクライシスマネジメントの立案・実行、重大・緊急案件の社内調査)、企業のリスク管理体制構築(コンプライアンス・内部統制・)コーポレートガバナンス。 <主な著書>『内部統制とは、こういうことだったのか』(共著、2007年)、『なぜ企業不祥事は、なくならないのか』(共著、2005年)(いずれも日本経済新聞社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

海外進出企業の贈賄リスク対策

日経ビデオ・DVD 

海外進出企業の贈賄リスク対策 〈全1巻〉
―域外適用される米英の贈賄禁止法―

國廣正  弁護士、 高巖  麗澤大学大学院 経済研究科教授、 五味祐子  弁護士、 中村克己  弁護士監

定価(本体80,000円 +税)

ISBN:978-4-532-48780-5

組織と個人を守る! 階層別コンプライアンスシリーズ

連日報道されるコンプライアンスに関する不祥事、違反事例は立場や職務によって様々です。本コンテンツは職務や立場で起こしやすい違反例を採り上げドラマ演出で分かりやすく説明いたします。

それでも企業不祥事が起こる理由

不祥事が「あってはならない」という姿勢が問題を大きくしてしまう。リスクはゼロにできないという前提に立った対策を、事例をふんだんに取り上げて実践的に解説。コンプライアンスの本質がわかる!

内部統制とは、こういうことだったのか

「業務手順の文書化(IT化)」で企業は混乱を極めています。今進めている作業は、本当に法律が求めるものなのでしょうか? 実務経験豊かな弁護士が“自分のアタマで考える内部統制”を教授します。読んでナットク!

コンプライアンスのための内部通報制度

「公益通報者保護法」の企業向け実践マニュアル。内部告発しても解雇等の不利益処分されない内部告発者保護制度と運用を、わかりやすく解説します。企業のリスク管理を数多く手がける著者にしか書けないノウハウを大胆に提示する。

なぜ企業不祥事は、なくならないのか

不祥事を起こしてなお、「運悪く発覚しただけ」「ほとぼりが冷めるのを待つ」という姿勢では何も変わらない。数々の有名事件を手がけた人気の弁護士が、実務経験を元に説くコンプライアンス経営の実践バイブル!