著作一覧

キャンベル,カート (きゃんべる かーと)

オバマ政権1期目の2009-13年に国務次官補(東アジア・太平洋担当)としてアジア重視の政策である「ピボット」を主導した。現在、ワシントンで戦略・投資のアドバイザー会社、アジア・グループを主宰し、会長兼CEO。同じくワシントンの有力シンクタンク、新アメリカ安全保障センター(CNAS)の共同設立者でもある。戦略国際問題研究所(CSIS)で上級副所長を務めたほか、ハーバード大学ケネディ行政大学院の准教授兼ベルファー科学・国際問題研究センター副所長などを歴任した。外交・安全保障政策に影響力を持つ外交問題評議会や国際戦略研究所(IISS、英国)、日米欧三極委員会のメンバーで、英スタンダード・チャータード銀行の社外取締役なども務めている。オックスフォード大学で国際関係論の博士号を取得した。夫人のラエル・プレイナード連邦準備理事会(FRB)理事との間に3人の娘がいる。1957年生まれ。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

THE PIVOT アメリカのアジア・シフト

米国きっての有力なアジア専門家が描く新たな対外戦略論。経済・外交・安全保障など、アジアへの旋回(ピボット)政策を重厚に描く。