著作一覧

太田 差惠子 (おおた さえこ)

介護・暮らしジャーナリスト。1960年京都市生まれ。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科前期課程修了。「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」等の視点で執筆、講演。一方、1996年老親と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年法人化した。現理事長。主な著書に、『親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと』『高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本』(共に翔泳社)、『マンガで知る!初めての介護』(監修・文、集英社)、『遠距離介護』(岩波書店)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

親の介護で自滅しない選択

介護離職や介護うつ、介護破産……人生をだいなしにしないために最低限押さえておくべき知識を網羅した1冊。