著作一覧

康 仁徳 (かん いんどく)

北韓大学院大学碩座教授 元韓国統一相
1932年平壌生まれ。58年韓国外国語大学ロシア語科卒業、62年韓国中央情報部(KCIA)に入り、北韓局長、心理作戦局長、海外情報局長、北朝鮮情報局長などを歴任。70年代政府の南北交渉を扱う南北調節委員会韓国側代表メンバーとして訪朝。国土統一院政策諮問委員、韓国政府北朝鮮担当局長なども務める。極東問題研究所長、平和諮問委員会理念制度分科委員長、統一相、極東問題研究所理事長を歴任

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

朝鮮半島 地政学クライシス

地政学リスクに満ちた朝鮮半島。その将来をケント・カルダー氏をはじめとするベストメンバーが最新状況を踏まえて分析する決定版。

解剖 北朝鮮リスク

想定外の核実験、36年ぶりの党大会―。新たな動きを見せる北朝鮮のリスクを、内外の第一人者が集結し、最新情報に基づいて分析。